アレロックの写真

アレロック( 協和発酵キリン株式会社)

 

アレグマアレグマ

アレロック買うのにいちいち病院行くのは面倒なら
同じ成分の市販薬を通販で買ってみてはどうでしょうか。

アレロックは処方箋薬で市販されていませんが、病院に行くのが面倒、行く時間がない、無保険など、どうしても病院に行けない場合もあるでしょう。

そういった場合の選択肢の一つとして、同じ成分の市販薬を海外から購入する個人輸入代行サイトを使う方法があります。

デメリットはパッケージが英語表記なことと、注文から配達まで7日~10日ほどかかること、ぐらいなので、どうしても病院が無理な方向けに、色々と私が調べた内容をお伝えします。

【リンク】
他の花粉症薬についても同じような記事を書いています。

 

アレロックと同じ成分の市販薬はコレ

アレロックを通販で買うには、アレロックと同じ成分の市販薬を通販で買う必要があります。

詳しくいうと、個人輸入代行サイトを使って、海外版アレロックを買うのですが、まずどんな薬がいくらで売っているのか知りたい方のために、商品名や金額、口コミなどを先に紹介します。

 

Winolap5(ウィノラップ5)

 

ALLENIL(アレニル)

 

alovent(アロベント)

 

個人輸入代行サイトとは?

本来は病院でしか買えない薬を海外から買うことを個人輸入といいます。

花粉症薬の「アレグラ」や「クラリチン」は日本では医師の処方箋がなければ購入ができませんが、個人輸入を代行してくれる通販サイトを使えば、合法かつ安全に購入することができます。

 

口コミの数を見てみても、知ってる人はどんどん使っているサービスのようで

日本で承認されている薬と同じ成分の薬なので、合法性も疑う余地はない。

 

使える通販会社は小規模で、Amazonや楽天市場とは比べるまでもないが、しっかりとした公式サイト、QA、運営実績、豊富な口コミがあり、特にベストケンコーとオランダ屋は2chの評判を見ても全く問題なさそうだった。

花粉症薬の個人輸入を実際にやってみて分かったこと

今回、花粉症薬の中でも超メジャーな「アレロック」を購入した際の話をします。

他にも「アレグラ」、「アレジオン」、「クラリチン」を個人輸入で買ったことがあります。

 

事前に調べたこと

あなたもそうだと思いますが、アレロックを購入にするにあたって普通は「アレロック 通販」や「アレロック 市販」で検索するぐらいでしょう。

ですがアレグマは慎重派なので、もっと詳しく調べました。

具体的には

  • 成分の特定
  • 同一成分の海外製品の特定
  • 通販サイトごとの価格比較

というのも、自分で製薬会社の公式サイトを見たりして、調べないと、イマイチ確証に足る情報が、つまり

  • この薬が海外版アレロックといえるような、同じ成分の薬で
  • しかもこの通販サイトから買うのが安い

といった情報が普通に検索しても全然見つからないからです。

 

個人輸入代行なんて未知の世界に踏み込む訳ですから、調べられる限り調べたいところです。

 

1.名前でなく成分を確認、検索する

同一成分の海外生産の花粉症薬を通販サイトで見てみると、名前もパッケージも全然違っていて驚く。
「これ本当に、アレロックなの?」と最初は私も気になりましたが、アレロックの成分は製造会社がネットで見れるようにしているので、それと見比べれば簡単に判別可能です。

【アレロックの成分】

アレロックの添付文書

【製薬会社の公式サイトPDFリンク】

協和発酵キリン株式会社

よって、アレロックなら「オロパタジン塩酸塩」が配合されている花粉症薬を買えば良いことになる。

(実はここまでしなくても、通販サイトの商品紹介で、「日本ではアレロックという名前で販売されているものです。」と普通に書いてあるので、間違いようがないのだが・・・)

2.内容容量は違うことがある

日本は色々とスモールサイズだが、実は医薬品の内容容量もスモールサイズだったりする。全く同じ成分であるのに、日本の薬と比べて、容量が2倍、3倍と多いものがあった。

3.まとめ買いはお得

どの通販サイトでもまとめ買いはかなりお得だ。私がアレロックを買ったベストケンコーでは、1個なら○円だが、5個買えば1個あたり○円と半額以下までお得になった。(こういった治療薬は「開封さえしなければ」結構半年、1年はいうに持つので買っておくのも得かもしれない。)

4.原則送料無料

どの通販サイトも少し分かり辛いのだが、こういった個人輸入の通販サイトは基本的に全国どこでも送料無料のようだ。

 

○ベストケンコー 該当ページリンク

 

○オランダ屋 該当ページリンク

5.届くまでの時間はどの通販サイトもあんまり変わらない

個人的に、こういった薬を通販で買う最大のデメリットは、副作用どうこうではなく、時間がかかることだと思う。

発注から配送完了まで、7日~10日ぐらいはどこの通販サイトでもかかり、時間を短縮する方法は特にない。(Amazonのようなお急ぎ便はもちろんない)

6.疑問点はだいたい公式QAに載っている。

個人輸入はAmazonや楽天市場での購入とは色々と勝手が違うので、疑問や不安は色々と出て来るものだが、先に紹介した「ベストケンコー」や「オランダ屋」など、10年以上の実績のある大手通販サイトにおいては、かなり痒いところにまで手の届くQAサイトがあるので、読めばだいたい解決する。

7.一度も病院に行ってないなら、流石に行ったほうが良い

激務の社会人であるなど、どうしても病院に行けない場合を除き、最低一度は病院にかかった上でその薬を使うかどうか判断した方が良いと思う。

今回、花粉症薬について調べていて分かったが、薬によっては使い過ぎによって耐性菌が付いたり、何日以上連続で使うのは、推奨されなかったりするので注意が必要そうだ。

あなたが「説明書をしっかり読むタイプ」ならまだ良いが、とりあえず飲んでしまうタイプなら、病院に行かず、完全自己判断で塗り続けるのは好ましいことではないだろう。

最後に(まとめ)

以上、病院に行かないともらえない「アレロック」などの花粉症薬と全く同じ成分の薬をできるだけ安く、安全な通販サイトから購入するために、私が調べた内容をお伝えした。

ただ繰り返しになるが、病院に行けるなら行った方が良いと思う。どんなに忙しくでも、せめて一度ぐらいは医者に見てもらって、自分の症状にあった薬はどれかだけでも判断してもらうべきだろう。

こういった通販サイトを使った手法は裏ワザの部類であって、自己責任が伴うものなので、そこのところは忘れないようにしてほしい。

最後に、この記事を読んだ結果いかなる損害が生じたとしても一切関知しないことを付け加えておく。

アレロックの成分と効能(ネットの気になる噂)

クリニックの医院長ブログなどから、アレロックの主に副作用についての話を集めました。

アレロックとアレグラ

抗アレルギー薬の世界的な標準薬はアレグラとクラリチンです。そんなアレグラは7から12歳未満は30mgを一日2回12歳以上は60ミリグラムを一日2回服用することになっている。クラリチンは7歳以上は一日10ミリグラム服用することになっている。日本で開発されたアレロックは2.5ミリグラムと5ミリグラムの錠剤があります。さらには細粒があります。2歳以上は細粒で5ミリグラム服用することになっています。2歳と成人が同じ量を服用することにすごく抵抗があるのはわたくしだけでしょうか?どう説明するか難しいところです。薬剤師さんも私にわかるのは添付文書に記載されていることだけですと言われてました。

当院でもよく使っている抗アレルギー剤。
今回報告があったのはアレロック(R)での劇症肝炎による死亡例です。

アレルギー薬で劇症肝炎の恐れ=「アレロック」服用後、2人死亡―厚労省(by Yahoo news)
ヤフーでの記事になりましたので、内服中の方が驚かれるかもしれないと思い、記事にします。

私自身はかなり前に、MRさんから聞いて知っておりました。
もらった資料はこちらです。
1例目は内服開始と黄疸出現のタイミングからアレロック(R)が原因として疑わしい
2例目はDLSTという検査で陽性なので、因果関係はほぼ確かですね。(ただし、投与開始200日での発症ですから、何らかのウイルス感染などの引き金があった可能性があります)
ただ、いずれも黄疸もしくは尿の黄染色を自覚後1週間投与されているようです。
この時点で中止していれば、最悪の事態は避けられた可能性が十分あると思います。
今後は、皮膚や白目が黄色くなったらすぐに薬を中止して、相談に来てくださいと極力説明するようにします。

Q36 アレロックについて

このお薬は、蕁麻疹、花粉症、皮膚のかゆみを抑えるもので、アレルギーの病気によく使用されます。私は、これ無しには、アレルギーの治療はできません。

一般的には眠気やふらつく、喉が渇くなどの副作用はあるものの、それ以外のトラブルはおきにくいといえます。

しかし、アレルギー体質の方は、このアレルギーを起こすお薬で副作用を起こしてしまうことは、無い訳ではありません。当クリニックでは年に1-2人の方がアレルギーを抑えるはずのこれらのお薬で、喘息発作や、蕁麻疹、皮膚炎などを起こして来院されます。

薬の副作用を疑ったら、それをすぐ中止して問題の症状が軽くなるかをチェックする必要があります。

抗ヒスタミン薬の眠気
[ 最新ニュースから ]
抗ヒスタミン薬1錠はウィスキー3杯分の判断能力になる、とのこと。
テレビで報道(?)されたそうである。
実際、眠気の来る抗ヒスタミン薬(または花粉症の薬)は眠気がひどくて判断が著しく鈍ることはある。また眠気と効果が相関する場合もあって、使い方は難しい。各社各様のパンフレットで効果と副作用をいっているが、私の実感として、下記のようである。ただし眠気はかなり個人差があるのでその点も考慮してほしい。要は自分に合っていればよいということになる。
効果(効果十分を5、効果薄いを1) と眠気(強い眠気を5眠気がほとんどないを1)を比較する。あくまで個人的印象:
ポララミン 効果3、眠気4
セレスタミン 効果5、眠気4。5
アレロック  効果4、眠気3
ジルテック  効果4、眠気3.5(個人差あり)
ゼスラン   効果3 眠気3(個人差あり)
エバステル 効果3.5、眠気3
アレグラ 効果2、眠気1
タリオン 効果2、眠気2
クラリチン 効果2、眠気1
アイピーディ 効果3、効果1
シングレア  効果2.5、眠気0.5
小清竜湯  効果3、眠気2

 

アレロックは第2世代の中でも眠くなりやすい?

アレロックは第2世代の抗ヒスタミン剤の中では「かなり」眠くなりやすい方です。

 

医師も7.3%しか選ばない

日経新聞が現役花粉症医師に行ったアンケートによると、眠気の少なさを重視する場合、アレロックを選ぶ医師はわずか7.3%、有効性を重視する場合でも17.4%だと分かります。

 

図2

医師が服用する抗ヒスタミン剤

図2の下2本のグラフは、アンケートで聞いた「抗ヒスタミン薬を選ぶ際に重視する点は何ですか」という設問の回答とクロス集計をしたもの。つまり、真ん中のグラフは、回答した全810人のうち「眠気が少ないことを重視する」と答えた313人が服用している抗ヒスタミン薬の内訳を示している。

眠気が少ないことを重視する医師(図2中央のグラフ)だけで見ると、全体でもトップだったフェキソフェナジン(アレグラほか)に加え、ロラタジン(クラリチンほか)がシェアを増やしていた。フェキソフェナジンとロラタジンは、どちらも中枢神経への副作用が起こりにくい薬剤として知られている。

 

アレロックは第二世代でもかなり眠い方(図解)

アレロックの眠くなりやすさ(図解)

 

もう一つ、眠気の副作用に関しては、各薬剤の添付文書やインタビューフォームに臨床試験、
及び使用成績調査の結果が記載されているので、その結果をまとめておこう。
眠気の発現が少ない順に記載をしておく。

クラリチンの副作用 眠気:0.7%(52例/7049例中)
アレジオンの副作用 眠気:1.2%(102例/8443例中)
タリオンの副作用 眠気:1.3%(59例/4453例中)
エバステルの副作用 眠気:1.7%(146例/8349例中)
アレグラの副作用   眠気:2.3%(158例/6809例中)
ザイザルの副作用  眠気:5.2%(67例/1292例中)
ジルテックの副作用 眠気:6.0%(84例/1396例中)
アレロックの副作用  眠気:7.0%(674例/9620例中)

【参考】
眠くならない花粉症の薬、医師は自分で何を処方しているか? | 五本木クリニック | 院長ブログ

花粉症の医師に聞く 「自らが服用する薬は何ですか」|ヘルスUP|NIKKEI STYLE

【メーカー発表は】どんな第二世代抗ヒスタミン薬でも3~4割の人が眠くなる!【ウソばっか】 : あつ花blog

花粉症対策まとめ: 花粉症の薬、第二世代抗ヒスタミン薬の強さ・眠気比較まとめ

 

参考サイト